価格

価格にはばらつきがあります

介護保険ソフトは、介護報酬の計算をサポートします。介護報酬は、独自の計算方法によって算定します。この計算によって算定された介護報酬が、事業所の売り上げになります。よって、確実な事務処理が安定した事業所経営のカギとなります。介護保険ソフトを契約すると、毎月もしくは年間で利用料を支払います。その平均的な価格は、2000円前後です。これは、初期費用を除いた金額です。中には、1000円以下で利用できるソフトもあります。たいていの介護保険ソフトは、事業者内でそのシステムを利用する人数ごとに利用料金が加算されます。そのため、小規模の事業者は安い利用料金で済みます。一方、大規模な事業所ではそれなりの利用料金が発生します。

介護保険ソフトの特徴について

介護保険ソフトの特徴は、国保連へ介護報酬のデータを送信するためのシステムを組んでいる点です。介護にかかわる事業所は、利用者から介護サービスを提供することで利益を得ています。介護費用は、国から支出されているので、利用者一人一人の介護費用を計算して国保連に報告する必要があります。そして、各事業所への介護報酬費用が算定されます。それゆえ、介護費用を計算して国保連へのデータ報告することは重要な事項です。介護保険ソフトのその他の特徴は、多様なサービスへのサポート体制があることです。今日おいて、さまざまな介護形態が存在しています。施設入居在宅の介護形態のみならず、自宅やデイサービスもあります。このように、介護保険ソフトは様々な場面に対応できるように汎用性を持っています。