価格

介護報酬の計算をサポートするシステムとして、「介護保険ソフト」があげられます。その使用料はソフトによって異なりますが、だいたい2,000円前後のものが多いです。

もっと詳しく

メリット

介護保険ソフトには、さまざまなメリットがあげられます。職員の業務効率化が図れるのはもちろんのこと、サービス品質の向上や施設経営の安定化など、さまざまなメリットがあげられます。

もっと詳しく

介護ビジネス

日本は現在、「高齢化社会」となっています。それは今に始まったことではなく、実は、1970年頃から高齢化社会でもあったのです。「高齢化社会」の定義とは、総人口に対する高齢者の割合で決められます。そう、日本は、今から約45年前の1970年頃から総人口に対する高齢者の割合が高く、「高齢化社会」となっていたのです。
しかし厳密に言うと、日本は、「高齢化社会」の時代はすでに過ぎ去っています。現在、日本の高齢者率は14パーセントを超えているのですが、これは「高齢化」ではなく、もはや「高齢社会」となっているのです。この割合が21パーセントを超えると、「超高齢化社会」となります。このままいけば、日本が超高齢化社会に突入するのは明確であり、それは、もう秒読み段階とも言われているのです。
このように、「超高齢化社会」へと突き進む日本ではありますが、それは共に、介護ビジネスの増加も見込まれます。既に今現在、多くの介護ビジネスが存在しており、多くの高齢者、もしくはその介護者が、その介護ビジネスを必要としているのです。
介護ビジネスとは、新規参入が多い業界でもあります。その理由は、国からの介護報酬が得られることから低リスクで開業することができることと、高い社会貢献度があげられますが、他にも、新規参入しやすい「経営システムの充実性」があげられるのです。そんなシステムの一つに、「介護保険ソフト」があげられます。「介護保険ソフト」はこの高齢化社会の日本において、なくてはならないものになりつつあります。

POSTS

特徴

さまざまなメリットがあげられる介護保険ソフトではありますが、それには、誰でも使いやすいことやシステム連携が充実していること、セキュリティー対策が万全なことなど、特徴もあげられます。

もっと詳しく